HOME > インプラント

インプラント

インプラントとは

インプラントとはのイメージ

失われた歯を、チタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせることで機能回復させる治療法です。元の自然な状態に限りなく近づけることが可能で、入れ歯やブリッジのように他の歯に負担をかけることもありません。インプラントは近年劇的な進歩を遂げており、歯科医療の最前線では、失われた歯の機能回復の手段としてまず第一に選ばれるのがインプラント治療法なのです。

インプラント治療について

人工の歯根となるインプラントはチタン製です。チタンは骨と結合する特性をもっています。
また、地球上で最もアレルギーの少ない金属と言われており、金属アレルギーの方でも特殊な場合を除き、使用していただけます。
顎の骨にしっかりと固定されるインプラント治療は、ぐらついたりせず、取り外して洗う必要もないので、入れ歯などと比べてもメンテナンス面で優れています。天然の歯と変わらない感覚で噛むことができ、自然で美しい歯を手に入れることができます。

今なぜインプラントなのか

今なぜインプラントなのかのイメージ

噛むということは食事をするというだけでなく、歯を通じて大脳へ刺激を伝えています。眠いときにガムを噛むとすっきりするのはそのためです。
ではその大切なセンサーはどこにあるのでしょうか。それは歯とそれを支えている歯槽骨の間にある歯根膜という繊維です。その中に三叉神経が広く分布しており、仮に歯を失ってしまっても歯槽骨の中にわずかではあるが残遺するといわれています。
つまり、インプラントは歯槽骨に直接埋め込むもので、埋入後インプラントの周囲に骨組織中にある感覚受容器の残遺細胞が集合するため、インプラントで噛んだ感覚は生体のメカニズムという点からも天然の歯と遜色はありません。歯茎という粘膜上にのっているだけの義歯とはこの点が根本的に違うのです。義歯では回復できない理由がここにあります。

インプラントの安全性

顎の骨の中に人工歯根という異物を埋入する為、その安全性に不安を覚える方も少なくないでしょう。
しかし、この問題は現在ではほぼ解消されています。インプラントには、骨と結合する性質を持つ純チタンや、歯や骨のような生体硬組織と似た性質のハイドロシキアパタイトとが使用されており、それらの素材は整形外科(人工関節)や脳神経外科(頭蓋骨)の分野では既にその安全性が認識されており、広く流通しています。

下記に当てはまる方には、インプラント治療をお勧めいたします

入れ歯に抵抗感がある方 ブリッジにするために歯を削りたくない方 事故などで多数の歯を失った方 ブリッジの出来ない症例の方

インプラントと他の治療法との比較

治療法 インプラント 入れ歯 ブリッジ
インプラントのイメージ 入れ歯のイメージ ブリッジのイメージ
審美性
噛む力
口内衛生 優れる(手入れ要) 不衛生になりやすい 不衛生になりやすい
耐久性 優れる(手入れ要) 合わなくなる事が多い 両隣の歯に負担
健康な歯を削る なし なし 両隣の歯を削る
違和感 なし 有り 少ない
顎骨がやせる なし やせる やせる事がある
手術 有り(抜歯程度) なし なし
診療形態 自由診療となります 保険診療
見映えの良いものは、
自由診療となります
保険診療
見映えの良いものは、
自由診療となります
治療期間 通常6~24週間程度 2週間-2ヵ月 2-3週間
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
てらだ歯科医院の診療項目
  • 予防歯科(歯周病)
  • 一般歯科(保険治療)
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 入れ歯(義歯)
  • インプラント
  • 審美歯科(保険外治療)

大きな地図で見る

住所

神奈川県横浜市保土ヶ区天王町1-33-17

最寄駅(駐車場完備)

相鉄線 天王町駅・星川駅より7分

電話

045-333-8204

診療時間

月~土曜日
10:00~13:30 / 15:00~20:00

休診日

水・日・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2011/04/27

ホームページをリニューアルしました。

2011/05/07

審美歯科サイトもリニューアルしました。近日UPします。

2011/05/10

ブログも始めました。