HOME > 入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)について

入れ歯(義歯)についてのイメージ

歯周病やムシ歯によって歯を失った場合、その部位には速やかに歯の代わりになるものを補わなくてはなりません。失ったままにしておいた場合どうなるでしょう。まず、歯のない部位では咬むことが出来ないため、バランスの悪い咬み方が癖になります。

その結果、アゴを取り囲む筋肉の使われ方のバランスも悪くなり、顎関節症になったり顔が歪んでしまったりといった経過をたどることも決して珍しくありません。

残っている歯の状態やアゴの骨の状態によっては、ブリッジやインプラントの様な固定性の装置を使うことが難しい場合があり、その場合には着脱式の義歯を使っていただくことが必要となります。

入れ歯の種類について

入れ歯には、大きく分けて総入れ歯と部分入れ歯の2種類があり、使用する材料によって保険適用の有無、費用も異なります。

レジン床義歯 保険適応

ピンク色のプラスチック(樹脂)で作られている、比較的ポピュラーなタイプの義歯です。強度を得るため厚みがあり、クラスプ(歯に留まる部分)が金属性で、入れ慣れるまで口内に違和感が残ります。義歯床の部分がプラスチックで作られているものが保険適用対象となります。

金属床義歯 自費診療

上アゴに被さる部分や下アゴの舌の触る部分が金属で作られています。汚れがつきにくい性質がり、樹脂に比べ強度があり薄く作成することができるので、発音にほとんど支障をきたすことなく会話が可能です。また熱の伝わりが良いため、レジン床に比べてかなり違和感は小さく、味覚も感じやすくなります。

シリコン義歯 自費診療

義歯床の一部がシリコンで作られています。非常に柔らかく刺激が少ないので、口内に痛みを感じることはほとんどなく、咀嚼がスムーズです。ほとんど全ての症例に対応できる非常に有効範囲は広いものの、汚れが付きやすく、2年ほどで劣化してしまうので耐久性の面でのデメリットがあります。

メンテナンスに関して

メンテナンスに関してのイメージ
  • 調整

装着直後は入れ歯が強く当たって痛みが出たり、噛み合わせがうまくいかない、ゆるくて外れてしまう、しゃべりにくいなどの問題が起こる場合があります。そのような問題点を解消して快適に入れ歯を使用するためには、通常数回の調整が必要になります。自分で治そうとしたり調整しようとすることは、トラブルのもとになりかねるので、日常生活の中でなにか問題があればすぐに御相談ください。

  • 入れ歯の取り外し

入れ歯を装着してすぐは、装着や取り外しがスムーズにできない場合があります。無理な力を加えたり乱暴な扱いをすると変形破損して使用不可能になります。慣れるまで慎重に取り外しをしてください。入れ歯を壊さないように気をつけましょう。歯に合わないからと言って自分で調整することはやめましょう。入れ歯はかみ合わせや、他の歯に合わせて作られています。痛みが治まるからと言って自分で曲げたり削ったりすると健康な歯に無理な負担をかけることになります。取り扱いに注意しましょう。

  • 入れ歯は清潔に

入れ歯は毎食後はずして、必ず洗って下さい。寝る時に入れ歯を外す場合は、洗浄剤などを使って、丁寧に洗ってケースなどに入れて保管して下さい。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ
てらだ歯科医院の診療項目
  • 予防歯科(歯周病)
  • 一般歯科(保険治療)
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 入れ歯(義歯)
  • インプラント
  • 審美歯科(保険外治療)

大きな地図で見る

住所

神奈川県横浜市保土ヶ区天王町1-33-17

最寄駅(駐車場完備)

相鉄線 天王町駅・星川駅より7分

電話

045-333-8204

診療時間

月~土曜日
10:00~13:30 / 15:00~20:00

休診日

水・日・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2011/04/27

ホームページをリニューアルしました。

2011/05/07

審美歯科サイトもリニューアルしました。近日UPします。

2011/05/10

ブログも始めました。