HOME > 小児歯科

小児歯科

小児歯科とは

小児歯科とはのイメージ

小児歯科とは、お子さまの成長に合わせながら治療の時期や治療方法をお母様と歯科医師が一緒に検討しながら治療をします。
乳歯の場合は、生え換わりますので生え換わりの時期を予測しながら、1番ベストな治療が出来るような状態にします。
乳歯は、抜け変わるので虫歯を放置していても大丈夫だと思われる親御さんがいらっしゃいますが、それは間違いです。
虫歯の状況により、新しく生える歯に与える影響は大きく、噛み合わせなどにも影響してしまいます。
また、小さい頃から噛み合わせの治療をすることによって正しい噛み合わせに早期の段階で治せる場合もあります。

乳歯について

お子さまの歯が生えていないからと不安になる方も多くいらっしゃると思います。
乳歯とは、6か月から生え始め、2歳~3歳までに生えそろいます。
とはいえ個人差はあるものではありますので、不安がらずに、お子さまの成長をしっかりと見守っていきましょう!

お子様の歯磨きについて

お子さまの歯磨きは、成人のように『ごしごし』と磨いてはいけません。
大変デリケートな時期でもありますので、歯茎を傷つけたり、十分に歯を奇麗に磨けない場合があります。

乳歯の歯磨きは、歯ブラシを歯に対して平行に持ち、軽い力で、小刻みにブラッシングを行ってください。
特に、歯と歯茎の境目や置く場は念入りに行いましょう。

また、歯磨き粉はお子さまにとって必要に以上に泡立ってしまい、吐き気を感じさせてしまう場合もあります。
基本的に唾液が多く分泌され、それが歯磨き粉の代わりなりますので、歯磨き粉を無理に使用する必要はありません。

小児矯正について

小児矯正についてのイメージ

小児矯正とは、お子さまの成長する時期に行う歯列矯正です。
歯列矯正は成人になってからも有効ではありますが、この時期に矯正治療を行うことで、より理想的な治療を行える場合が多いです。
というのも顎の成長に合わせ治療をおこなうので、効果も大きく期待しやすく、また、成長に合わせながら治療を行えるため、理想的な位置に調整できる可能性も高くなります。

小児矯正に適した年齢は、6歳~14歳の間だといわれております。

また、矯正治療においては、定期健診が1~2か月に1回は必要になる為、来院いただいた際に、定期的なお口のケア、健診などもお子縄させていただきますので、虫歯などの早期発見にも有効的と言えます。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ
てらだ歯科医院の診療項目
  • 予防歯科(歯周病)
  • 一般歯科(保険治療)
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 入れ歯(義歯)
  • インプラント
  • 審美歯科(保険外治療)

大きな地図で見る

住所

神奈川県横浜市保土ヶ区天王町1-33-17

最寄駅(駐車場完備)

相鉄線 天王町駅・星川駅より7分

電話

045-333-8204

診療時間

月~土曜日
10:00~13:30 / 15:00~20:00

休診日

水・日・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2011/04/27

ホームページをリニューアルしました。

2011/05/07

審美歯科サイトもリニューアルしました。近日UPします。

2011/05/10

ブログも始めました。