HOME > 予防歯科(歯周病治療)

予防歯科(歯周病治療)

痛くなってからでは手遅れです。

痛くなってからでは手遅れです。のイメージ

あなたが歯科医院へ行くのはどんな時でしょうか? おそらくほとんどの方は「歯が痛くなってから」と答えるはずです。しかし現在、歯科医療の役割は「痛み出してからの治療」から「痛くならないための予防」に変わりつつあるのです。この「予防」を専門に行う診療科目を予防歯科といいます。
虫歯も歯周病も初期段階では痛みがなく、また自然に治ることはありません。放置すれば悪化し、最終的には歯を失ってしまう危険性があります。歯科医院での定期的なメインテナンスを受け、虫歯・歯周病を早期発見すれば、短い時間と少ない費用で負担の少ない治療が可能となるのです。

歯周病とは

歯周病とは、歯の周囲に付着したプラークが歯と歯肉の間に入り込み、歯を支えている骨を溶かしてしまう病気です。プラークに非常に多く含まれているバクテリアが出す毒素によって、歯肉が炎症を起こし、骨が溶けます。
日本の歯科疾患実態調査によると、「歯周病」は、成人の過半数以上が罹患している疾患とされ、初期の歯周病まで含めるとその罹患率は8割・9割とも言われています。「歯周病」は、世界中で最も多くの人が罹っている病気としてギネスブックにも載っています。
古くは「歯槽膿漏」とも呼ばれていたこの病気は、放っておくと、むし歯や被せ物もないきれいな歯でも、たいした自覚症状もなく発症し、適切な処置を行わない限り加齢とともにゆっくり進行します。
「喫煙」「糖尿病」「薬剤の服用」「不適切な歯の治療」等が重なると、さらに加速度的に悪化します。
歯周病におかされていた場合には、正確に診断することが重要です。

歯周病の進行度合い

歯周病は、歯と歯肉の間のミゾ(歯肉溝)にプラークがたまり歯肉に炎症がおこることからはじまります。溝が深くなると、歯周ポケットができます。
歯周病の進行度合いによって、治療方法は異なってきます。歯周病の進行プロセスには4段階あり、「歯肉炎」・「軽度歯周炎」・「中等度歯周炎」・「重度歯周炎」の順に進行していきます。

歯肉炎のイメージ
1歯肉炎

歯肉溝にプラークがたまり、歯肉が炎症ではれて、歯肉ポケットになりました。
歯根膜や歯槽骨は破壊されていない段階です。

中度歯周炎のイメージ
3中度歯周炎

炎症がさらに拡大し、歯槽骨が歯の根の長さの半分近くまで破壊され、歯がぐらつきはじめた段階です。
歯周ポケットもさらに深くなっています。

軽度歯周炎のイメージ
2軽度歯周炎

歯肉のはれが大きくなり、歯周病菌が歯周組織に侵入し、歯槽骨や歯根膜も破壊されはじめた段階です。
ポケットが深くなり、歯周ポケットになっています。プラークや歯石が歯周ポケットにたまっています。

重度歯周炎のイメージ
4重度歯周炎

歯槽骨が半分以上破壊され、歯はグラグラの状態です。

歯周病の危険性

歯周病は、以下の全身疾患、症状との関係が明確に確認されています。
・脳卒中 ・肺炎 ・糖尿病 ・低体重児出産 ・気管支炎 ・心臓病 ・早産
私たちの口の中には、無数の微生物がすみついています。その数は、健康な人の場合でも約300種類2億個
とも言われています。これらは、周りの環境に応じて悪玉になったり善玉になったりしています。
歯ミガキを怠ると、悪玉微生物が増加し、虫歯や歯周病を引き起こします。これら悪玉微生物が、のどや血管から体の中に入り込み全身の臓器へ運ばれ、さらに、歯ぐきの炎症のある場所で作られた炎症性サイトカインと呼ばれるタンパク質が全身に散らばると、全身の病気を誘発し、最悪の場合は死に至ることもあります。歯周病を甘く見ていては危険です。

歯周病と糖尿病

血糖値の高い状態が長く続くと歯周組織に炎症を起こしやすくするだけではなく、歯周病の進行を早めることが知られています。
糖尿病の方は、そうでない方よりも細菌感染しやすくなったり、治癒が遅くなることもよく知られています。

歯周病と心臓病

心疾患は日本における3大死亡原因の1つに挙げられる全身疾患です。
心臓の弁膜や内膜に発症する「細菌性心内膜炎」のほとんどは、口腔内の細菌が原因です。
また、冠動脈に感染すると、血栓ができ、動脈硬化を進行させる可能性が指摘されています。

歯周病と早産

歯周病と早産のイメージ

妊娠期間が37週未満の出産を早産と言い、体重が2,500g未満の新生児を低出生体重児といいます。
歯周病に罹患している部分から、毒素等が血液中に入り、胎盤を刺激すると、胎児の成長に影響を与えたり、子宮の収縮を促すなどして低体重児出産や早産のリスクが高まることが明らかになっています。
母親が進行した歯周病にかかっている場合、低体重児を出産する確率が7倍以上になるとも言われています。

歯周病の治療方法

次に歯周病の治療方法について、ご案内致します。

毎日の歯ブラシが最も大切です

歯周病に対する最も効果的な対策は、患者さん自身が行う歯ブラシによる細菌群(プラーク)の除去です。これをプラークコントロールといいます。
プラークコントロールを効果的に行えるのは、歯周病の初期段階と、歯周病の治療が完了し、健康な歯肉を取り戻したあとに行う「予防」ということになります。
つまり、歯周病には歯ブラシだけで治るものと、それに加えて他の治療が必要なものとに分けることができます。

歯科医院での治療(ブラッシング指導)

患者さん自身によるプラークコントロールの効果を高めるために、徹底的な歯ブラシトレーニングが不可欠です。
基本的な歯ブラシが出来た上で、歯周ポケットを磨くことが出来るブラッシングが効果的です。なぜなら歯周病が起きている部分は表から見えない歯周ポケットの内側の歯肉だからです。
ブラッシングのイメージは、歯周ポケットをめがけて毛先を当てて、押し込みながら動かすものです。具体的には、実際にトレーニングを受けてください。

歯科医院での治療(歯石の除去)

歯科医院での治療(歯石の除去)のイメージ

歯石は、プラークが堆積したものが唾液によって石灰化したもので、歯ブラシでは除去できません。
これ自体は歯周病の直接原因にはなりません。
ただ、歯石の表面がゴツゴツしているため、そこにプラークが付着しやすいことから、プラークコントロールを容易にする目的で、歯石は除去の対象になります。

歯科医院での治療(歯周ポケット内のプラークコントロール)

歯肉溝が歯周病菌によって深い溝のようになったものを歯周ポケットといいます。
深くなってしまった歯周ポケットは、通常歯ブラシだけでは管理できず、歯周病菌を減らすと同時に、歯周病菌の増殖を抑える働きをする善玉菌を増やすことがない限り、治癒は難しいことになります。
歯周ポケット内には2種類のプラークがいますが、両方とも歯周病と密接な関係がありますので、除去します。
また、酸素の嫌いな歯周病菌にとって、空気に触れにくい歯周ポケット内は住みやすい環境ですので、治療によって酸素の豊富な環境に変え、善玉菌の活動を活発にさせることを期待します。

歯周病治療の流れ

1予約

口内状態や、全身の状態、服用中の薬等、内科的な疾患についての問診を行います。

2レントゲン検査

口内状態や、全身の状態、服用中の薬等、内科的な疾患についての問診を行います。

3歯周病検査

現在の歯周病の進行程度を1本1本について調べるための検査です。

4初期治療

歯周病による痛みや腫れに対して、応急処置を行います。

5歯周病治療

歯石除去、PMTC、ブラッシング指導などの歯周病の基本的な治療から、歯周外科処置・再生療法、インプラント治療を行います。

6定期的なメインテナンス

治療が終了しましたら、6ヶ月ごとに歯周病のチェックと再発防止のために定期的にメインテナンスを行います。

歯周病外科の手術の目的

歯周病外科の手術の目的のイメージ

歯周病治療における外科手術の主な目的は、清掃管理のできない深い歯周ポケットをなくし、患者様ご自身のプラークコントロールを可能にする歯肉の整形手術だとイメージしてください。
手術をすれば歯周病が治るということではなく、手術をすることによって歯周病を治すためのプラークコントロールが可能になるということです。ですから、手術後からのプラークコントロールが重要になります。

近年、歯周再生療法の応用も報告されるようになってきましたが、適応症の条件を考えると、限られた症例にしか対応できないのが現状です。
歯周外科手術を必要とする段階は、かなり進行した歯周病のみです。
歯周病を治す能力について考えた場合、外科の能力も大切でしょうが、初期の歯周病を見つける能力と、その段階で治す能力がそれ以上に重要です。なぜなら、どんなに難しい外科手術を成功させたとしても、その後の正確な診査と適切なプラークコントロールが出来なければ、外科手術をしたことはすべて無駄になってしまうからです。

抜歯しない外科手術

歯の根がアゴの骨にある程度残っていれば、歯を抜かずに手術することができます。
歯ブラシが届かないほどの深いポケットでも、歯の根の4分の1がアゴの骨についていれば、手術によって炎症部を取り除けます。
手術後は歯磨きによって歯垢をなくしていけば、新しい結合組織が生まれ、歯とアゴの骨が自然につながっていきます。こうした手術の一部を紹介します。

歯肉整形術

歯肉が盛りあがっている場合の予防手術になります。手術によって、この盛りあがった部分の歯肉を切りとり、食べカスや歯垢が流れやすいようにします。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

ポケットの深さが3~4mm前後の比較的軽い歯周病の場合に行なわれる手術です。
麻酔をかけ、歯石や血ウミと一緒に患部の歯肉を削りとります。肉眼でみえないところなので、かなり難しい手術です。

フラップ手術

歯周病がかなり進んでいるときに行う手術です。
歯肉をはがし、歯石や血ウミとともに炎症部の歯肉を切りとったあと、肉をもとどおりに縫い合わせます。

再生療法とは?

再生療法とは?のイメージ

歯周病などにより失われた組織は、残念ながら自然に再生することは稀です。
歯周組織を健康的な状態に戻すよう組織に積極的にアプローチする治療が再生治療といわれるものであり、この治療を行うことにより永く使える歯に生まれ変わります。
再生療法は、1980年代の初頭に研究がスタートし、1990年代になってから世界中で広く応用されるようになりました。
ここでは、再生療法の代表的なGTR法、エムドゲインゲルによる治療法をご紹介いたします。

GTR法

従来の歯周外科の手術とほぼ同様な処置が必要になりますが、GTR法は手術によりプラークや歯石を除去した後にメンブレンを歯肉の下に一定期間置きます。
ある期間経過後、メンブレンを取り除くと、歯は新しく再生した組織で覆われています。

エムドゲインゲル

エムドゲインは、新しい歯周組織再生誘導材料です。
主成分はエナメルマトリックスデリバティブといって子どものころ、歯が生えてくるときに重要な働きをするたんぱく質の一種です。
歯周外科手術の際に、手術部位にエムドゲインゲルを塗布することによって、歯の発生過程に似た環境を再現します。これにより、初めて歯が生えたときと同じような強固な付着機能をもつ歯周組織の再生を促します。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ
てらだ歯科医院の診療項目
  • 予防歯科(歯周病)
  • 一般歯科(保険治療)
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 入れ歯(義歯)
  • インプラント
  • 審美歯科(保険外治療)

大きな地図で見る

住所

神奈川県横浜市保土ヶ区天王町1-33-17

最寄駅(駐車場完備)

相鉄線 天王町駅・星川駅より7分

電話

045-333-8204

診療時間

月~土曜日
10:00~13:30 / 15:00~20:00

休診日

水・日・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2011/04/27

ホームページをリニューアルしました。

2011/05/07

審美歯科サイトもリニューアルしました。近日UPします。

2011/05/10

ブログも始めました。